Flower of field
身の回りで見かける野の花を紹介しながら、日々の出来事や思ったことを気ままに書いてゆきます。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
JAXAでは2010年に金星探索機「あかつき」を打ち上げますが、この探索機にメッセージを載せて暁に送ってくれるキャンペーンを実施しています。

あわせてこのような記念乗車証ももらえます。

暁画面


実物はSAMPLE TEXTにメッセージが入り、名前も記載されていますよ。

希望の方は2010年1月10日 (日)までにJAXA宇宙科学研究本部広報・普及係に申し込んでください。
スポンサーサイト
お仕事で付き合いのある社長さんから「能」の勉強会に出席されませんかとお誘いを受けたので試しに参加しました。

古びたビルの事務所の一室での勉強会で参加者は老若男女(?)の8名です。(何か不安・・・)

先生は女性の能楽師で落ち着いた話し方をされる方ですが、大変やさしくお話になり楽しい時間をすごすことができました。

会は2回目で初回に「高砂」の話だったようで、私のために前回のおさらいをしていただき、そこで皆で「高砂」を謡います。

今回は「住吉詣」の話があり、最後に能面(女面のうち増女の能面)を5つみせていただきました。

最初は違いがわからなかったのですが、見ているうちに少しずつ違いがわかるようになります。不思議なものですね。

増女

さて、「住吉詣」の話は次回にして結納にどうして木彫りの翁・老婆があるのかがはじめてわかりました(笑

高砂神社の松と住吉神社の松とは場所が離れていますが根はひとつでつながっており万里を離れてても夫婦の愛は通い合うことを象徴しているといわれています。

肥後国阿蘇の宮の神主・友成がた高砂の松を訪れますと老夫婦が待つの木陰を掃き清めている。

姥は当所の者、尉は住吉の者であるが、実は二人は相生の松の精であり住吉で待つと告げて沖へと消えます。

友成が住吉神社にゆくと、明神が出現し千秋万歳を祝って颯爽と舞います。


このようなおめでたい故事をあらわしているもののようです。





今年の春から激動の1年を過ごしてきましたが、その締めくくりとして11月に結納をさせていただきました。

結納は「しない」または簡略にしてしまうつもりだったのですが、彼氏のお父様がちゃんとしたいとおっしゃるので正式な形での結納をさせていただきました。

その前の1週間の忙しかったこと(もっとも一番忙しかったのは母親ですが)

当日の朝は、こられても会話しないで結納が飾られるのを待って、相手のお父様の言葉を待つとマニュアルに書いてありました(笑

父親は前夜真剣な顔つきで答え方を暗記しています。

さて当日は無事に結納も終わり飾られた結納の写真が下の写真です。

結納_01

プロフィール

あいこっち

Author:あいこっち
楽天主義者が今日もオフィス街を野山を駆け巡る。

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

FC2カウンター

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。